埼玉│川口│草加│鳩ヶ谷│八潮│越谷│足立│梱包|輸出梱包、国内梱包なら~ 株式会社富士梱包

埼玉 川口で創業50年 梱包 包装 資材販売の富士梱包

埼玉│川口│草加│梱包│コンテナ│バンニング│通関│

開梱方法


商品が木枠梱包、木箱梱包されて送られてきたときに、どのように開梱すればよいのか迷うことはないでしょうか。

実際、せっかく目的地まで無事に到着した商品でも、開梱の仕方を誤ってしまうと、そこで製品を破損させてしまうことがあります。

梱包の方法も、国によってまた会社によって様々ですので、一概には言えませんが、大体に共通する「開梱のコツ」をご説明します。

もちろん弊社では輸入品、輸送品を開梱して納入したり、出張開梱サービスも承っておりますので、重量物、壊れやすいものなど、開梱にも技術がいる場合にはぜひご用命ください。

木箱の基本部位の名称


「開梱のコツ」をご説明するにあたり、木箱の基本部位の名称を確認します。

クリックで拡大
クリックで拡大

木箱は6面体で天井、底、側2面、つま2面からなっています。

(=箱の長さと高さで囲まれた面)
(つま=箱の幅と高さで囲まれた面)
=スキッド、または腰下とも呼ばれる。)

左図は密閉木箱ですが、国内輸送用にはよくすかし箱(クレート)が使われます。 開梱手順はほぼ同じです。

開梱手順


基本的な開梱の順序は以下のとおりです。

1. 天井板をはずす。
   ↓
2. 側板をはずす。(天井はり、押さえ材もはずす)
   ↓ 
3. つま板をはずす。 
   ↓
4. 製品を台座(腰下)からおろす。

完了

下に模型を使い、順を追ってご説明します。

1. 天井板をはずす




天井板の下面に釘抜き(バール)を差し込み、こじあけるようにして天井板を箱から浮かせ

その後、上から天井板をハンマーで叩いて釘の頭だけ浮か
浮いた釘の頭にくぎ抜きをかけ、端から順に釘を抜いて天井板を外す。

その後、内部の様子をのぞき、どこに押さえ材(固定材)が使われているかを確認する。

2. 側板をはずす (同時に、天井はり、押さえ材もはずす)




側板を内側から金槌でたたき、側板と、つま板、はり、押さえ材などとの間に隙間を設ける。

隙間にバールを入れてこじ開けるようにしながら、

・梁や押さえ材に打たれている釘

・側板の下側の台座(腰下)に打ち付けてある釘
・側面の両サイドの釘

を抜いて側板、はり、押さえ材をはずす。
もう一方も同様にしてはずす。

3. つま板をはずす



つま板の内側から金槌でたたき、台座(腰下)との間に隙間をつくる。

そこにバールを入れてこじ開けるようにして台座(腰下)に打たれた釘を抜き、つま板をはずす


4. 台座(腰下)から製品をおろす


ボルトや押さえ材を使って製品が台座(腰下)に固定されている場合は、それらをはずす。

その後、製品を台座(腰下)からおろす。


以上で完了。


その他の注意事項


* バールを掛けて力を入れるときには、外れてしまうことがあるので注意する。

* バール、金槌を使用するときは、製品に当てないように注意する。

* はずした梱包材から釘が出ているので、怪我をしないように注意する。

* 開梱時には製品が不安定になるので、転倒させないように注意する。


開梱に関して不明な点がありましたら、お気軽にお電話にてお問い合わせください。
親切にお答えいたします。

株式会社 富士梱包
埼玉県川口市峯1014-9
Tel:048-295-2715
Fax:048-295-2718
URL:http://www.fuji-p-c.co.jp/
e-mail:info@fuji-p-c.co.jp
.