埼玉│川口│草加│鳩ヶ谷│八潮│越谷│足立│梱包|輸出梱包、国内梱包なら~ 株式会社富士梱包

埼玉 川口で創業50年 梱包 包装 資材販売の富士梱包

埼玉│川口│草加│梱包│コンテナ│バンニング│通関│

環境への取り組み


かけがえのない地球環境を守るために、企業責任の一環として、環境保護に努めています

エコアクション21の取得認証にむけて


かけがえのない地球環境を守るためにいま企業としてできること、それは企業活動を通じての二酸化炭素排出削減、廃棄物の削減に取り組むことです。

弊社ではいまエコアクション21の認証取得に向けて全社一丸となって取り組んでおります。

エコアクション21とは、環境省指導のもと2004年に始まった認証制度でISOに類する中小企業向けの制度です。

具体的には、事業活動で消費する電気、燃油の節減、廃棄物の量の削減に目標を掲げて取り組み、そうした取り組みについて第三者機関の評価を受け、取り組みを環境活動レポートとして一般に公開します。

地球と人に優しい企業を目指します。




エコアクション21 認証・登録完了!



監査人による、現地審査、またエコアクション地域事務局の審査機関における書類審査に合格し、2010年6月11日、正式にエコアクション21認証登録が完了しました。

ますます注目される環境事業。株式会社富士梱包は、環境保護の面でも自らにできる努力を精一杯行ってまいります。

エコアクション21についてはこちら→


木くず、紙資源の再利用化


二酸化炭素の増大による地球温暖化は、異常気象を引き起こすなど、非常に深刻な問題となっています。木材資源の使い捨て、安易な焼却処分などは二酸化炭素を増大させ、地球温暖化をさらに加速させてしまいます。
当社は木材梱包において多く発生する木くずの再利用、有効利用を促進しています。

具体的には木くずの処理は、産廃業者と委託契約を結び、マニフェスト伝票管理のもと中間処分場でチップ化した上で、製紙原料、ボイラー原料・ボード原料等に再利用されています。

また、現場で出るごみを徹底的に分別し、紙類、ダンボール類など、再利用できるものは紙のリサイクル業者と契約を結び、古紙原料として回収してもらっています。

ごみを焼却処理すると、大気中に大量の二酸化炭素が排出されます。
弊社では、現場、事務所で出るごみのほとんどを再利用化にまわし、焼却処分するごみをほとんど出していません。

次の世代に美しい地球を残すことは今の世代に課せられた責任です。
私たちは、リサイクルを促進し、自然環境を守り、残していく努力を続けてまいります。


木屑再生工場の見学会


東京都内にある木屑再生処理業者の見学会に行ってきました。

弊社でもたくさんの木屑が出されます。
そうした木屑も廃棄してしまえば、ただのごみ。焼却すると木材に多く含まれる炭素が二酸化炭素となり、温暖化を促進してしまうことにもなります。

弊社は木屑を燃やすのではなく、プラティクルボードとして再生品化する業者と契約し、木材の有効利用を促進しています。

木屑再生工場
木屑再生工場

使用済みパレットの搬入
使用済みパレットの搬入

粉砕されるパレット
粉砕されるパレット

チップにされたパレット
チップにされたパレット

プラティクルボードとして再生品化
プラティクルボードとして再生品化

再生品の出荷
再生品の出荷






.